Finance

多くの人が利用する

住宅ローンの選択について

住宅購入は非常に高額な費用を要してしまうため、住宅ローンを利用される方が大半となっています。その住宅ローンは金利が現在では史上最低額となっており、非常に利用しやすい時期といえます。その金利は金利上昇のリスクのある変動金利で0.7%前後であり、金利が変わらない35年の固定金利で1.5%程度が平均となっています。この金利は融資を行う金融機関によって大きな差があり、一般的な大手銀行や地方銀行が平均的な金額となっていることに対し、店舗を持たないネットバンクではそれよりも低い金利を実現しているという特徴があります。また、金利以外にも住宅ローンでは、保証料や手数料、団体信用保険料などの費用が必要となるため、それらを含めた負担額を計算して利用することが重要といえます。

利用価値の高いネットバンク

現在注目を浴びている住宅ローンはネットバンクであり、その低金利と保証料や団体信用保険料の低価格化など一般銀行にはない手厚いサービスが大きなメリットとなります。その理由としては、ネットバンクは実店舗を持たないことから店舗維持費や人件費が抑えるといったコストカットにより、利用者の負担を極力減らした金融商品の実現が可能となっているからです。しかし、そういったメリットがある反面、住宅ローン審査の敷居が高いというデメリットがあります。まず対人での対応は行っていないため、指定された書類に不備があれば審査は落ちてしまうことと、審査の時間が非常に長いといった特徴があります。そのため、長期的な住宅購入計画をすることが必要となります。